転職・就職と人材バンク

3月 18

自分の持っている今までの知識や経験、もしあれば資格など、こうした今まで培ってきたものを採用する側がもし欲しいという場合に、この人材バンクを利用することがあります。

公的機関であるハローワークでは、広く浅くの人材を求めるような状況になりがちであることと、地方ではそうしたスペシャリストをうまく使いこなせる企業が数少ない面もあり、採用する側と転職・就職側のミスマッチがおきやすい面もあります。

そもそも、優秀な人材しか採用を考えていない企業も多くあるため、そうした企業では公的機関ではなく人材バンクを活用しているのが現状です。

転職・就職をする上で、特に何か一芸に特化した人材の場合は、ハローワークなどを使っての転職・就職が難しいのですが、そうした人材は、そういう特化した点をしっかりとアピールできるところに応募したほうがよりよい結果を生みやすいという実情もあります。

転職・就職を急いでしまい、結果ミスマッチですぐ退職してしまうと、履歴書を汚すだけという結果になってしまいますから慎重に考えたいところですが、できれば人材バンクを初めとして、いろいろなサイトに登録して、企業側からのアプローチを待つということも考慮すべきでしょう。
企業の中には一点に特化している人材を求めているところもあります。
広く浅くの人材は世の中あふれていますから、狭く深く特化した人材をたくさんは必要ないかもしれませんが、少数精鋭で欲しいと考えている企業は多くあるはずです。

 

 

Comments are closed.