転職・就職の内定

3月 18

転職・就職の内定を得られるかどうかは、実力だけではなく、面接官との相性、運やタイミングなども関わってくるので、一度駄目だからといって、気落ちすることはないのです。
また、実力というものは、学力や知識、能力だけではなく、人脈なども関係してくるものです。実力主義というと能力だけあれば良いと思うかも知れませんが、人と上手くやったり、気に入られることも実力のうちなのです。

転職・就職は場数を踏むほど慣れてきて、自分のことも相手のことも分かるようになり、やり取りも上手になりますから、沢山の企業に応募して、実践練習をすることも大切です。

また、運やタイミングなどはなかなかコントロールできませんが、自己啓発については自分でコントロールして行うことができるものです。よって、まずは自己啓発をすることが転職・就職で内定を得るには必要なことだと考えて良いでしょう。コンピュータでも英語でも法律でも、何でも良いので、少しでも転職・就職に役立ちそうなものには挑戦しておくことが大切です。
失敗をすることもありますが、気にすることはありません。
大事なことは、失敗を教訓とし、二度と失敗しないようにすることです。
悩んだり、落ち込んだりしても、何も良いことはありません。後悔はせず、反省して改善することだけに労力を使うようにしましょう。
最終的には縁があるかどうかに依るものですが、縁を呼び込むには、やるべきことをきちんとやることが大切です。常に自分に足りないものを分析して、補うようにしましょう。

看護師の復職のポイント

Comments are closed.