転職・就職とビジネスマナー

3月 18

転職・就職をするためには、最低限のビジネスマナーの心得が必須になります。
というのも、採用試験というのは筆記試験の点数を除いては、すべて人間である面接官が採否の判断をします。

そのうえで、相手のビジネスマナーのレベルについては、非常に重要なチェック項目になるからです。
転職・就職の熱意がいかに強かろうと、面接官の問いに対して、「俺的には~なのです。」などという言葉づかいをしたら、仮に営業職でなくても、社内での敬語の使い方についても不安視され、試験を通ることはないでしょう。

また、面接試験の中では何とか敬語を使いこなし、ビジネスマナーに不足なしと本人が思っていたりしても、面接官以外の採用担当者との連絡のやり取りの中で、時間や約束が守れなかったり、携帯電話に連絡しても通じず、後日折り返しもしなかったりという対応をしていては、採用担当者から面接官へその受験者の常識の無さを報告され、採用が見合わせられるということも考えられます。

転職・就職を希望するのであれば、面接官や採用担当者への誠意の気持ちを強く持ち、相手を不快にさせないような対応、さらには一歩踏み込んで相手への配慮の気持ちをもつと道が広がってくるかと思います。

たとえば電話をもらっても出られなければ、その後に「お電話いただきましたのに、折り返しが遅くなりまして申し訳ありません。」など一言お詫びの言葉を添えて電話をかけるなど、相手が快く対応してもらえるような受験者を目指しましょう。

 

Comments are closed.